*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さて、明日からミュ先行の抽選発表がありますね。ここに遊びに来てくださってる皆さんにはくどくどしく言う必要はないと思うのですが…いっそうざいと思うのですが…



オークションでの売買は控えましょう。



ピコさんが持ってるミュチケ同盟でも説明されていますが、転売という行為は違法です。高いお金を出して買っても、そのお金は興業側に一銭も流れません。単純に、次の転売チケット購入のための資金に使われるだけです。


転売屋からチケットを買うことは転売を助長することになります。それでもいい、自分が満足できればいい、という方を無理やり止める気はありませんが、そのあくなき欲求がさらにチケット詐欺被害に遭う確率も上げているということも覚えておいてください。


まあこういうのはね、大抵痛い目に遭って初めてわかることなんで、言っても聞かない人には本当に無駄だと思っています。痛い目遭ってからじゃ遅いんだけどね、実際。


あと、チケットがもし余ってしまった場合のことも同盟のほうにきちんと書いてあるので困った時は参照していただくといいと思います。定価以上での落札が見込まれるようなオク出品をした場合、結果としてやっていることは転売屋と同じということになります。ちょっとしたお小遣い稼ぎ、なんて浅はかな考えで安易に出品しないようにしましょう。


ただ勘違いしている人もいらっしゃるようなんですけど、チケットの譲渡というのは「定価」もしくは「定価+送料」というのが基本です。なんやら「定価以下での販売が良識」という都合のいい勘違いでチケットを値切る人たちがいらっしゃるようなのですが、それは大きな間違いです。譲渡にかかわる場合、チケットを値切る行為も絶対にしないようにしましょう。


もちろん譲渡する側が定価以下の額を提示しているのならそれはそれでOKでしょう。ですが、普通に「お譲りします」という場合は「定価」であるということをお忘れなきよう。


しっかりした譲渡板ですとこういうトラブルもあまりないのですが、サイトの管理人さんやブロガーさんが個人的に譲渡を提案すると、非常識な反応をされることが多いようです。譲渡する側がしっかり条件を明記するのも大事ですが、譲渡される側は譲渡の最低限のルールは飲み込んでおいてほしいと切に願います。そういうあれこれも、有名譲渡板にはきちんと書いてあります。


いやねー、ほんっとここで書いてもみなさんご存じだとは思うんだけどね。申し訳ないなー、と思いながらここまで書いてます(笑)大々的なキャンペーン打つ必要はないけど(笑)、もし周囲で道を踏み外しそうな人(??)がいたら優しくそっと教えてあげていただきたいな、と思う次第です。


まあね、本当は公式にはっきり書いてほしいんだけどね……まあ無理だろうね…(ボソ)


スポンサーサイト


立海夏公演を控え、競売サイトが目も当てられない状況になっていると聞き及び少々憤慨しております。この際はっきり、そして厳しく転売に関する私個人の意見を書いておきたいと思います。


この記事は「チケット転売に関して」というカテゴリーに独占的に置かれていますので、右下のカテゴリー選択欄からいつでも読むことが出来ます。


[転売とは何か]


チケットの転売は以前から何度も書いている通り「してはいけないこと」であり「加担してもいけないこと」です。ですが、なぜそうなのかということに関して明確に示したことがないように思えます。


ひと言で言えば「違法」だからです。ではどこで定められているかといえば、都道府県の条例です。そこらへんの話は以下のリンクをご覧ください(ページ下部に設けられている佐伯氏の記事へも飛んでみてください、条例が引用されています)


http://allabout.co.jp/internet/netauction/closeup/CU20050214A/


ここからは上記の記事を読んでいることを前提にお話します。


よく転売議論において「ネットは公共の場ではないから関係ない」という意見を聞くことがありますが、大変頭の悪い詭弁であるとしか言いようがありません。確かに「公共」という言葉の持つ意味を考慮に入れた場合、ネットオークションはやや微妙な位置にいると言わざるを得ないでしょう。


ですが、それ以前に「転売目的での購入」自体も禁止されていると言えませんか?場所がどこであろうと、「転売目的の購入」が最初の問題点(もしくは条件)になっているのであれば、売りさばかれるのが公共の場でもネットでも私は変わりはないと思います。


さらに、ネットなら足がつきにくいだろうとか甘いことを考えている人に。件数としては少ないですしデータも古いのですが、実際に逮捕例も出ているのです。


http://news.auction-style.com/jourei/index.html


ここまで読めば転売行為というのが何をどう解釈しても「違法」であるということは覆せないでしょう。たまに「彼らも商売だから」とか「仕事だから」とか「見たい人がいるんだから」というおかしな擁護をする人がいますが、そのような人たちは違法行為を擁護しているのだということを自覚してください。それはとても恥ずかしい考え方で、良識も常識も欠けている証拠です。


[転売屋に甘くしてはいけない]


すぐ上に書きましたが、「彼らも商売だから」と見過ごすのも彼らにとって甘い態度をとることのひとつでしょう。ですが、「それで見たい人に出回るなら」「代わりに取ってくれたと思えば」と考える人は後を立ちません。


ですが、彼らがどういうことをやっているのか、きちんと考えたことはあるのでしょうか。


例えば、一般人が太刀打ちできないような高性能リダイアル機能付きの電話。一秒間に60回ものリダイアルが可能な電話でチケットセンターに電話し続ければ一般の人間が敵わないのは当たり前です。


さらに、裏番号の存在。詳しくは書きませんが、この「裏番号」を得て電話すればほぼすぐ繋がり、チケットも取り放題となります。実際これで買い占めて転売する輩は多いです。


そういうものをどうして手に入れているかといえば、転売で設けた利益で買っているわけです。裏番号に関してそういう取引があるのかはわかりませんが、なんにせよやっていることがあくどいことには変わりありません。


そして彼らは転売で得た利益を更なる転売の資金とするのです。転売屋からチケットを買う人は、間接的(人によっては直接的と取るかもしれません)に違法行為に加担しているとも言えるのです。


それでもチケットを買いますか?自分が払ったお金が、別のところで他の人を苦しめているのかもしれないんです。そして、そのお金が転売屋のさらなる活動資金になっているかもしれないのです。


[それでも欲しいという人へ]


「公共の場」でうろつくダフ屋とそこから買うファン。そこに警察が職務質問をかけるということは時に目にする光景でもあります。国は違いますが、イギリスでサッカーのチケットをダフ屋から買った知り合いはダフ屋もろとも警察に連れて行かれました。イギリスは売っても買っても同じくらい厳しく取り扱われるのです。日本でもかなり厳しく職質されたというケースを聞かないわけではありません。


処罰や対処の仕方は国でも地方でも異なるでしょうが、買う側にも警察の忠告・勧告・処罰が課せられるということの根底には、当然ながら買う側にも過失があると考えられるからです。


先ほど書いたように、間接的(もしくは直接的)に転売行為に加担しその行為を助長・助成するようになるからかもしれません。もしくは、買う人間がいるから売る人間がいるんだ、という悪循環を断ち切りたいからかもしれません。シンプルに、違法行為に加担しているからかもしれません。専門家ではないので理由はわかりませんが、買う側はハイリスクであることには変わりません。


転売をしている時点で褒められない人間であるのは自明の理です。騙されてもぼったくられても、振り込んだのにチケットが来なくてもすべて自分の責任です。売った人間も悪いですが、そんな人間から買った自分も悪いのです。お金は戻ってきませんし、誰も弁護などしてくれません。


ですがそれ以前に、転売のような恥ずべき行為に少しでも加担することは、自分も同じように恥ずかしく良識のないことをすることになるのだと自覚してください。


同時に自分がチケットを手放す側になった時にも気をつけて欲しいのです。もし今までチケットを取る時に「余ったらオークションで売ればいい」、さらに「そこで少しお小遣い稼げるかもしれない」と少しでも思ったことがあるのであれば。


それは転売屋の思考回路と全く同じです。


非常に浅ましく甘い考えですから、すぐにでも改めていただければと思います。同じミュージカルのファン(しかも他人)から「お小遣いをもらう」なんて恥ずかしいことこの上ありません。人を食い物にしているんですから。


そしてもしそういうことを考えなくても結果的に高値でチケットを競り落とされたことがあるなら、それは自分が同胞から貰ってはいけないものを貰ってしまったということです。二度と同じことをしないよう、自制していただきたいと思う次第です。



[チケットを適正に譲渡したいなら]


それでも、チケットは欲しいですよね。それはよくわかります。転売に関わらずになんとか適正のチケットを手に入れたい。そして適正にお譲りしたい。そういう常識的な人が集える場所があれば心休まりますよね。


ひとつの手としては「譲渡板」というものがあります。演劇全体のものもありますし、テニスやミュキャスに限定した譲渡板もあるようです。このような譲渡板では基本的には「交換」あるいは「最高でも定価+送料程度の販売額」での譲渡となります。


こういう場所ではすぐ取引が成立してしまったり、なかなか条件に合わなかったり難しいこともあると思います。ですが、同じものが好きな人間同士が集まっている安心感はあるでしょう。


ただし、個々の譲渡板のルールはきちんと守ってくださいね。そして、定価以上の提示はしないこと。もし定価以上の提示が横行しているようなら、それはもう「譲渡板」ではなく「転売板」です。すぐさま退去するか、管理人に報告しましょう。


どうしてもオークションを使わざるを得ない場合は、「希望落札価格」もしくは「即売価格」を設定するといいでしょう。2つの違いはオークションのヘルプページをご参照ください。こうすると定価以上に値がつりあがることはありません。


ですが、交換にしろ譲渡にしろ相手のあることです。遠隔地にいる人に翌日のチケットはあげられませんし、現地で手渡しするにもきちんとメールや約束を交わす相談をしなくてはなりません。「見たい」という気持ちばかり先走らせて失礼がないよう、気遣いと思いやりを忘れないようにしないとやはり痛い目を見ることは明らかでしょう。


テニスはファンの年齢層が広く、チケットの転売に限らず、権利問題などに関しても知らないことが多い若い人たちも大勢います。同時に、自分がやっていることの意味を知った上で「お金はあるから」と欲望に忠実になってしまう大人もたくさんいます。


私も欲まみれの大人の代表ですから大きなことは言えないのですが、悪いものは悪いと判断は出来ます。人によってステージやチケットに対する価値観は違いますからそこを云々しようとは思いません。ですが、そういう価値観や純粋な欲求を利用して不当に利益を上げようとする人間は許せません。


そして、最後に。まだ納得がいかないという人がいたら、チケットの半券部分を見せてあげてください。


「営利目的 転売禁止」


興行元が「するな」と言うことをやっているんです。して欲しくないって言っていることをされたら子供だって怒ります。そんなこともわからない人間に、なりたくはないですよね……?そして何より、オフィシャル側の人たち(キャストを含め)を困らせたくはないですよね…?


ここから先はもう私が口を挟めることではありません。それでもまだ買うというのであれば、抑止力もありません。ですが、自分のやろうとしていることに対しては何の申し開きもできないということは覚えておいて欲しいと思います。


少なくとも私は、そのような友人がいたとしたらとても悲しいです。


注:この記事は法や条例の正しい解釈を云々するものではありません。それらの解釈は人により異なり、私は私なりの捉え方で考えています。また、正しいか間違っているかが焦点ではなく、あくまでも転売は悪だという前提に立って私個人の意見を述べているものだということをご了承ください。




-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。