*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



いまさらながら、エヴァ劇場版の「序」と「破」を見ました。せっかくPS3持ってるんだし、ブルーレイ見られるんだからいってしまえー!と密林から召喚しました。


見てよかった……!



ほんっと、本放送時と全然違いますね!……って言うと語弊があるな。根本は同じなんだけど、より洗練されてわかりやすくなったと思います。キャラやストーリーもところどころ改変が施してあるのでテレビシリーズが神で正典な方にはどうかなーとは思うのですが、作品の出来としては劇場版の方が私はしっくりきます。




私がエヴァを見たのはまだ20代前半でした。エヴァを鑑賞するには一番中途半端な世代だったかもしれないです。シンジたちに同調できるほど若くないし、大人たちに理解を示せるほど人生経験もない。当時はシンジにかける言葉も見つからなかったし、かといって碇指令や大人たちを正面切ってなじれるほどの若さもなかった(笑)それでも面白かったし、随所にちりばめられる学術的な小ネタがとても面白くて、それにも夢中になりました。


あれから10年以上経って、リビルドされたものとはいえ感じ入ることが多々ありました。とにかく、自分がそれなりに年を重ねたのだということを痛感いたしました(爆笑)これが劇場版を見ての最大の感想かもしれない…!


なんかね、碇指令のスタンスがものすごいよくわかるんですよ。わかるというか、ああしてしまう心情が責められない。そうだよね、その局面でそういうこと言われたらそう返すよね……とすごくシンパシーを感じてしまいました。昔はゲンドウは私の意識の中ではまったく蚊帳の外だったもので、言動へのポジティブな理解というのは予想外でした(笑)


同時に、シンジやアスカといったリアル中2の心情もよく理解できるというか、「ですよね、そういうこと考えますよね……でもね・・・」と自分の中で諭す言葉が生まれてきました。ただ、諭すのと同時にどうしようもない苛立ちや時に腹立ちも感じるのも事実。その中で、ちょっとずつでも前に進もうとする姿を見るとやっぱり愛しい子供たちだと思えるあたり、ああ、私も年食ったな……と思う所以です(笑)


じゃあ20代前半で何を考えてたって?


そりゃあなた。





加持に夢中でしたよそれ以外何があると?(爆)





今回もやっぱり加持はカッコイイナーと思いましたが、ただそれだけでした(笑)むしろゲンドウや冬月先生のほうが興味ありますよ、今は!(笑)


ただ、唯一変わらないのが、ミサトとりっちゃんに対する女性としてのカワイソウ感でしょうか(笑)うん、痛々しいね、あの人たちは!それでもやっぱり愛しいキャラなのは、彼女たちが一生懸命で必死だからなんですけどね!


そんなこんななので、ただただ面白い!と思っていた90年代よりも、2010年の今、心に響いたり刺さったりすることはよりたくさんありました。次の劇場版「Q」はより補完シーンが多くなりそうな雰囲気ですが、満を持しての登場のカヲルやアスカ復活を楽しみにしています。同時に、また心をえぐられるようなシーンもあるんだろうなぁと覚悟しておきます(笑)


なんていうか、エヴァだけじゃなくちょこちょこやっている「ニーアレプリカント」(PS3のRPGです)もそうなんですが、すごく切なくて辛くて心に刺さるんだけど、でも見ちゃうし見ずにはいられない……という作品がたまにあります。基本的にハッピーエンドで気楽なものしか見られない(読めない)体質なのに、なんでだろうなぁと不思議に思います。


さっきも書きましたが、キャラが一生懸命生きていれば、それがどれだけ歪でもきっと愛しく感じられるのだろうなぁということと、9割辛くて救いようがなくても、1割でも希望の光があればそれを見て幸せになれるんだろうなぁと自己分析した次第です(笑)そこらへんは「可能性が0%でない限り試す価値はある」というミサトの言葉に通じるのかもしれません。



いやー、しかしびっくりするくらい色あせない斬新な作品でした。アンノもブックレットに、「エヴァはもう12年前のもので古いアニメかもしれないけど、この12年でエヴァより新しいアニメはなかった」というようなことを書いていました。なんて不遜な、と思いつつも確かにそうなのかもしれない……と思わせる新生エヴァでした。まさに、新世紀のエヴァンゲリオン(笑)


いまさらの感想ですが、まだまだ見るのを迷っていたりためらっている方がいらしたらぜひお手に取ってみてくださいませ。そして、できればテレビアニメ版と比較してみてご覧になってください。お友達には全部貸すよ!(笑)



つーわけで、遅きに失しすぎたエヴァ雑感でした!




(おにいさんのイエスがエヴァ見たらどういう反応するんだろう……と思ってしまった…)



スポンサーサイト



ゲームの話になって申し訳ないのですが。


「ラブプラス」てご存知ですか?


いま巷の男子の間でかなりの話題になっている恋愛シミュレーションゲーム(DS)なんですけど、従来は口説いて告白するまでがキモだった恋シュミから脱皮して、コクって付き合っている最中がメインとなる画期的な(?)システムがウケにウケているようです。


DSなんで、カフェやらファミレスやらで出してデート気分を味わうつわものもいるとか。それくらいの中毒ぶりならやってみたいよ!と思っているわけですが。


でもさー、おねーちゃん落とすのも楽しいけどさー、なんつーの、選択キャラが4代目ミュキャスだったらすげー滾ると思うんだよね!(爆笑)


しかもこのゲーム、コ●ミから出てるんですよ。コ●ミっつったらテニスのゲームの大元じゃないですか。いいじゃない、4代目ミュキャスバージョンのラブプラスとテニスのBLゲー!(笑)もう、絶対に出るわけないけど妄想するとすんげー滾りますね。まあマベエンタもゲーム出してますけど、マベのゲームはクソなので信用できないし関わってほしくないんですよ(笑)


ちなみにラブプラの4代目バージョンは確実に9股かけますよ。かけますけど、ヒラタのAIなんて作れるんでしょうかね(笑)あのリキうどんちゃんで照れたったで☆笑顔☆な精霊さんをAIで再現できるんでしょうかね!?とっても微妙です。


さらに言うならゆんゆんゆーたみたいな宇宙人AIも作れるんでしょうかね?タカハシみたいな奇行王子な挙動不審AIとか可能なんですかね!?とりあえずいろいろありえないと思うので、やっぱり俺式妄想ラブプラスで楽しむしかないな……と思うわけです。


なんかごめんなさい、ドン引きですよねこんな話。ですが、コレごく一部でものすごい盛り上がってます。ダメな大人の集まりです(笑)


……あたい、ゲームクリエイターになれば良かったかな(爆)


というのは冗談として、相変わらず4代目には卒業後も楽しませて頂いております。そしてゆんゆんゆーたがピースメーカーのドラマに出るということで。原作を知らないのですが、沖田あたりですかね?主人公は釣り吉映画の主人公のスガくんらしいですぞ。あー、あとあれだ、でーぼからあらやんとトモも出るんだよね、確か。まだ情報が少ししか出ていないので、早くキャスト発表しないかなーと心待ちにしています!久々に若い子出てるドラマ見ることになるかも。


そんなこんなで、頭痛も99.9%治って妄想も楽しいです(笑)








最近眠くてたまらん部長です。昨日から冷たい雨で依然痛めた額関節周りも不穏でビクビクものです部長です(ひつこい)



えー、ゲームブログは別に持っているんですけど、おそらくこちらでもちょっと気になっている方がいらっしゃると思うのでブログパーツをベヨネッタに変えました(笑)ちょっと重いし遊び終わった後うざったいかもしれないのですが、興味のある方はクリックしまくってみてください。





脱ぎます。





ほぼまっぱなベヨたんのコンボフィニッシュや召喚技が見られるので、興味のある方は是非!こんなおねーちゃんいじれるなんて、いい時代になったもんだ(笑)



と、いろいろ設定いじりながら伝説を見ていたら鎌倉行きたい熱が激しく燃え盛りました。先週からうまそうなスイーツやらハムやら紹介されてムキョー!となっていたのですが、今週ベスト5を見てこれはもう行くしかないでしょう!と決意しました(笑)


とりあえず、明日はフードフェスタに行って串刺しケーキもしくはクグロフを試してみたいです!ご飯ものも漁りたいなー(笑)


てなわけで、とりとめもない日記でしたー!






界隈で徐々に浸食しつつあるともコレ(ともだちコレクション)ですが、たまに滾り萌える場面に出会いやめられません。


今日はこんなツーショットが。



tomocl.jpg




薫と先輩です!


ムービーで撮れば良かったと後悔中なのですが、先輩が本を読みながらたまに薫に何かを解説したり、薫が控えめに話しかけるとにっこり笑って何事か返したり、薫がじーっと先輩の顔を見たり、相当すごいことになってました。


たまに他の子で同じシチュエーションになると、本を読んでないほうの子がうつらうつら舟を漕いだりするんですけどこの2人はいいタイミングで言葉を交わしていてなかなか素晴らしかったです。


しかし。


先輩がピエロ服なのは頂けないな(爆)


いや、これは先輩が朝っぱらから「奇抜な服を着たい」とか言い出したからね……!そのときちょうど手持ちにピエロ服があったから与えたんですよ!


ちなみにこの前は白衣を着せてたんですけど、2日目くらいに勝手に着替えてました。腹立たしい!(笑)


こんな感じで大変楽しいので、迷っている皆様は是非(ニヤ)







ゲームブログの方でおもくそ書いたんで詳しくは言いませんが、「薄桜鬼」という乙女ゲーをやっています。


実はこのゲーム、つんちょが出ております!新選組をフィーチャリングしたんですけど、そのなかでつんちょはオリキャラで新選組と敵対(?)する立場におります。その集団の中では唯一攻略可能なキャラなんですけど、それを先ほどクリアしまして衝撃が走りました。


まあ、あのつんちょの声なんですよ、当たり前なんですけど。でも、ちょっとキャラデザと合ってなくてどうしても乾先輩の声っていう認識をしちゃうんです。声のトーンも語り口も似ているし、いけないと思いつつ脳内では乾先輩が喋ってしまいます(笑)


そんな中、やはり乙女ゲーなんでヤツ(←もはや誰なんだ)がとんでもないことを言いまして。


最終章でですね。





「今の口づけは俺とお前が他人ではない証しだ」





……………


お前ぇぇぇぇえええええええ!


先輩の声でナニ言ってくれちゃってんのおおおおおおおおお!!!





薫が卒倒するわ!





というわけで、脳内でこの乙女ゲーやりながら七転八倒する薫を想像して私が悶えていました。ちなみにツダキャラへの萌えはゼロでした(爆)


他にかなり鬼畜セリフを言ったり高笑いしたりするシーンもあって、つんちょボイス堪能しまくれるのでいろいろ楽しいです。ですが、乾先輩に還元して最もインパクトのあるセリフは↑でした。SSにしてみようかな(笑)


というわけで、妄想報告でした~。







-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。