*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人の優しさが身にしみる厳寒の東京からコンニティワ、部長です。つっても東京の寒さでギャーギャー言っちゃダメっすよね!慣れない雪にたいそう面倒な思いをしていると思いますが、熊本や鹿児島方面の皆さん、大丈夫ですか?


さてさて、明日は休暇なのをいいことにちょっと遠出しようかと思っています。日帰りで行ける所なんですけど、まあカッコよく言えば……取材?(爆笑)それにしても目的地の最高気温が2度って!2度って何よ!?うん、まあ、しょうがないけどさぁぁぁああ~~~~。風邪治りたてなので、ばかみたいに防寒して行ってきます。


そんなわけで明日は遠出どまりですが、旅行熱は上がるばかり。やっぱり忙しくなってくるとそれがどんな内容であれ旅には出たくなるみたいです。そんなわけで、今行きたいところベスト5(笑)


1 厳島神社(宮島/広島)

毛利さんとこのお膝元。前から行ってみたいと思っていましたが、某スタイリッシュ戦国アクションゲームのおかげで熱視線奪われ中。


でも、実はそれだけじゃなかったりします。


小学生のころから、国語の時間で夏が近づくと読まされていた戦争や原爆の話……それがずっと、大人になってからもとても苦手でした。知らなきゃいけない、それがこの国に生まれた者の使命であり義務でもある--と思ってはいてもどうしても目をそむけてしまいました。それは見た目に凄惨だからというわけではなく、おそらく戦争というものの内包する精神性や、そこで苦しむ人々の魂に触れるのが怖かったというのもあるかもしれません。そういうのを幼心に感じつつ、あまり関わると「引きずられる」と本能的に避けていたのかもしれません。


それは一生続く忌避感なのかと思っていたのですが、ここ数年でがらりと変わりました。以前からP子あたりは積極的に原爆ドームを見に行きたいと言っていたんですけど、私もその話乗ってもいいな、とかなり本気で思い始めたんですよね。それは私が大人になって物事を客観的に分析的に(もちろん幼少時代に比べて、ですけど)見られるようになった上で、戦争や戦争での犠牲を自分なりに定義することができるようになったからなのかもしれません。「かわいそう」「ひどい」「絶対にやってはいけない」という通り一遍のオピニオンではない、自分なりの戦争観というものを構築できる余裕……というと小難しすぎますが(笑)、それができるなら真正面から「ヒロシマ」と向き合えるのではないかと最近は思っているのです。


それもあって、厳島で鹿と戯れもみじまんじゅうに舌鼓を打ち広島焼きを蹂躙したら、次の日は原爆ドームで戦争と戦後をじっくり考えるのもいいな……と思うのです。……あれ、逆の方がいいのかな?そういう問題じゃない?(笑)


そんなこんなで、今私の中では広島がアツいです。ついでに山口の毛利博物館もいけたらウッホッホーです!



2 高知ってかむしろ土佐

長曾我部と龍馬のお膝元。長曾我部は厳島の人と同じなので言わずもがなですが、実は龍馬も大好きです!龍馬の方がラブ歴が長く、もう10年近いかな?幕末は志士側から見るのも新撰組側から見るのも大好きですが、両者で全く異なるベクトルを持っていて本当に面白いです。やっぱり新撰組って歴史というより文学だよなぁといつも思うのですが、そのためには歴史と文学を定義しないと話が通じないという蟻地獄に囚われてしまいます(笑)そして、戦国時代の三強の中で信長のみが唯一異質なのと同じく、幕末の志士の中では龍馬が突出して異質だと思います。2人とも、生まれたのが早すぎると思う。


まあ、そんなことはいいとして。


長曾我部と龍馬は時代こそ違いますけど、確実にこの二者には通じ合うものがあります。関ヶ原以降、土佐は山内氏が治めますが……本当に申し訳ありません、私が言えることじゃないんですけど、どうしても彼は「よそ者」としか思えないんです(爆)お好きな方には本当暴言に等しいかと思いますが……!でも、長曾我部や龍馬が好きだと山内氏やそこにつかえた上士たちってのは、長曾我部と一領具足を虐げるいじめっ子みたいに見えちゃうんですよ!(笑)


それもこれも私が表層的な勉強しかしてないからなんでしょうけど、そんな身びいきもあって、「長曾我部と龍馬の土佐」を感じに行きたいのですよ!ってひどいこじつけですけど。んでもってカツオが食いたいのです。結局は食ですかああそうすか。んでもってしまなみ海道(海堂にあらず)をMチカさんの運転で走りたいのです(笑)……ってこれはむしろ広島から愛媛だった!!



3 仙台、松島(宮城)

伊達さんとこと片倉さんとこに行きたいのです。なぜかといえば某スタイリッシュ戦(以下略)。


仙台は以前通過点として駅に降りたことしかなくて、そのうちちゃんと観てみたいなぁと思っていたところに某スタイ(ry)のおかげで本格的に興味がわきました。もちろん牛タンにも興味あるけどさ!ちゃんと歴史にも興味あるんだってばよ!行きたいと思う土地の武将はちゃんとみんな好きなんだよ!


そして、私は天橋立には行ったことがあるので、宮島と松島に行くと日本三景を制覇したことになるんですよね。それも目的だったりします。できればこれは早いうちにかなえたいな!資金と相談だけども!



4 長崎

目的はひと言でいえば「大人の修学旅行」になります。私の高校時代の修学旅行は九州周遊だったのですが、最も長時間滞在し、研究テーマにも選んだ長崎が最も印象に残っています。


ですが、皆さんもそうだと思うのですが、学生時代の修学旅行ってどうしても駆け足で表層しか追えないじゃないですか。だから名所旧跡観光より、ホテルで友達と遊んでいるほうがずっと楽しかった。でも、それももったいないですよね。せっかく深くゆっくり見学すれば楽しくて有意義なものがたくさんあるのに、それをみすみす逃していたんですから。


それもあって、今度は自由にゆっくり時間をかけて長崎を堪能したいと思うのです。実は長崎でコースに入っていたどのお店でも味が合わなくて、皿うどんもちゃんぽんも卓袱も全部美味しいと思えなかったんです。絶対に美味しいところがあるはずだから、ちゃんと食べに行きたいんですよ!ってまた食かぁぁぁぁぁぁああい!!!


あ、でもカステラはおいしかったヨ(笑)


もちろん、長崎でも原爆や戦争関係の史跡や資料館に再訪したいと思っています。しかし、奇しくも広島・長崎ともに行きたいリストに入るとは……呼ばれてるのかしらね。ちなみに数年前ハウステンボスには行ったんですけど、テンボス以外どこにも行かなかったので長崎に行ったってよりテンボスに行ったって方が正しかったりします(笑)


つか、別にヒラタの出身地だから行きたいとかじゃないですからね!!(爆)



5 奈良

平城遷都1300年!


というわけで、私の国内旅行と古代史好きの原点の奈良には今年中には必ず行きたいと思います。いろいろ記念行事みたいなのもたくさんあるみたいだし、まだよく調べてないのですが、琴線に引っかかる催し物があったらそれに合わせて行きたいなー!


もう何回行ったかなぁ、奈良。大阪や京都のついでにちょっとだけ寄るとかもしたことがあるから、もう数えきれません。奈良に赴くと絶対に行くのは法隆寺です。私を古代史へいざなった厩戸皇子(聖徳太子)のお膝元です。オフシーズンの2月にばっかり行くから、いつ行っても寒いイメージなんですよ。たまには桜の時期や紅葉の時期にも行こうかなとは思うんですけど、人いっぱいいますよね(笑)


法隆寺は、寒い中ぐるぐる歩き回って夢殿見てしばらく固まって(笑)、そのあと参道のお茶屋さんでお汁粉(向こうはぜんざいか?)食べるのがお決まりコースです。いつどこで食ってもうまいんだよなぁ~。


って今気づいた。


斑鳩は平城遷都1300年あんまし関係ねぇ………!!!



うううう……となると私の目的はせんとくんだけになるということか?あ、私せんとくん大好きです。神の造形だと思います。実際神の使いなんだけど、鹿さん。せんとくんグッズ漁る旅になるのかな……アハハ。


いやいやいや、でも奈良全体でお祭りと考えればいいじゃないか!というわけで、久々に奈良だけで4-5泊する贅沢な歴史ずっぷり旅をしたいと思っています。厩戸好きのP子を拉致りたいが、どうだろうな(笑)






ってどんだけ長いこと書いてるんだ。でも、旅の話って書きながら色々想像や妄想が広がっちゃって止まらないんですよね。よくフットワーク軽いと言われますが、単に楽しい妄想や現実逃避に忠実なだけだと思っています(笑)だってそれ以外は怠け者だもの。


そんなわけで、地元の方の美味しいもの情報は常に募集中です(爆)


ほな、私は明日の遠出に備えまっせ!
あでゅ!



スポンサーサイト



-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。