*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



エクセレーーーント!!!!



↑このフレーズが大のお気に入り(笑)




ということで、本日はドリライ7前楽に参加してきました!ずっと天気に恵まれていたのに、最終日にこの悪天候。大雨で交通機関がどれくらい乱れたかはわからないのですが、参加される方は無事にたどり着けましたか?とはいえ、テニミュ終幕を惜しむ涙雨のようでもあり、いつもなら「髪が広がるわぁ!」と文句を言いながら外出していますが、今日ばっかりはちょっと感慨深かったです。



内容的なことはあまり触れないでおこうかしら、と思っています。今回は是非皆さんにもDVDを見て頂きたいなぁと思いますし、テニミュのDVDはレンタルも始まったので、誰でもいつか必ず見られると思います。



そんな中で今回ドリライ7を見て思ったことをつらつら。





今回は初代も出てくれるということで、最初どうなるんだろうどうしてくれるんだろうと、予測が全くつかず無駄にワクテカギラギラしてたわけですが(笑)、初見のあの衝撃はもう予想とか予測とかそういうものを一切受け付けないレベルのものでした………!!!


すごかった。


伝説が目の前で動いていました。


私は初代だけはナマで見る機会を逃していましたが、本当に「DVDで見たあの人たちが飛び出てきた!」という感覚です。


なんせ、もう7年も経っているわけです。普通、7年も経てば「そのまま飛び出てくる」なんていうのは滅多にないことで、役者の方の変化がいろいろな意味で「再現」を難しくするものです。そういうズレみたいなものを一切感じさせない初代の姿とパフォーマンスは一種の脅威でした。


もちろん、彼ら自身の力というのもとても大きいのですけど、同時に彼らにそうさせるテニミュの力というものもあるよなぁ、としみじみ感じ入りました。それくらい初代は初代のまま、なにも変わりませんでした。ながやんなんかは「粗が目立つからオペラグラス禁止!」とかおどけて言ってましたけど、ないから。そんなこと全然ないからーーーー!!!!(笑)


しかもさらに鳥肌ものだったのが、初代と5代目の共存です。違和感のかけらもなく、7年の歳月を圧縮してぽいっと投げ出したかのような在り様に言葉を失いました。年齢も違う、個性も違う、代も違う、こう言っちゃなんだけどダンススキルも違う。なのに、同じステージに同時に初代と5代目がいてもなんの不自然さもない。同じキャラが2人いるというパラドックスすら感じない。どっちがいいとか悪いとかでなく、どちらも乾だしどちらも海堂だし、どちらも手塚。なんて不思議で素晴らしい空間なんだろう、と幸せをかみしめました(笑)


あのステージ上には、7年間という年月が全部乗っかっていて、だからこそその7年間で関わったキャストを全部許容できる稀有な空間だったんだろうなぁと思います。きっとあのステージに立つと7年限定でタイムワープができるんだと思う(笑)


とにかく、この違和感のなさはDVDでぜひ確かめて頂きたいと思います!ああいうのが見られるのは大げさでなくテニミュだけだと思いますし、テニミュのエンターテイメントとしての完成度の高さや若手育成の場としての大変恵まれた環境を存分に感じることができるのではないかと個人的には思っております。


もちろん、他にも楽しいことやすごいな!ってことがたくさんありました。今日初めてアリーナ後方から鑑賞しましたが(関係者席の真下くらいです)、とある楽曲のときにオレンジの大閃光サイリウム(インスタントペンライト。いわゆるルミカってやつです)が一斉にばーーーーーっとつくんですよ、客席で!すごいんです、客席がオレンジに染まる!まるでオレンジの証明をともしているみたいになるんです!6の時もタカさんの「死ぬ気でバーニング」で大閃光がガッとともりましたが、今回のはレベルが違った。で、その曲が終わるとみんなまだ煌々とともっているであろうサイリウムを鞄の奥底にしまうという(爆笑)


そういう、その曲そのものを盛り上げてキャストを盛りたてて!というお祭り根性が大好きです。そして、それが終わったら次の学校やキャストに合わせた応援の仕方をするという気遣いというかなんというか(笑)、そういうのを見ていても「ああ、やっぱりテニミュっていいなぁ」と感じました。そういう気風は日々上がって行き、おそらく私の参加することのできなかった大千秋楽でマックスに達したはずです!


前にも書きましたが、なぜ初代の公演を敬遠してしまったのか。7年前の自分を自分で殴りに行きたいです。とはいえ、なんだかんだで何年も付き合ってきたテニミュ。まだ終幕というのが信じられませんが、演劇を愛する者として、エンターテイメントとは何かということをとことん考えさせてくれ、そしてとことんまで楽しませてくれた作品でした。


きっとまたどこかで会うことができる作品だと信じているので、さようならは言いません。2ndシーズンもあるって信じてる。とにかくありがとう!超絶エクスタシーにエクセレントに楽しかったーーーーーー!


これからもいろんな舞台や番組で会えるのを楽しみにしてるぜキャストのみんな!








隠しは蛇足です。こちらは若干ネタばれが含まれますのでお気を付けください。5代目の卒業に関する話です。






▼続きを読む▼


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。