*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


行って参りました、私にとって今季最後のエリザベート。山口トートの前楽、子役の川綱チカラ君の楽になります。

うん、すっごいよかった………!

今まで見た山口トートの中でもベストでした!もちろんB列サブセンというこちら側の好条件もあるのですが、明らかにノリノリでした。それは他の役者さんも同じで、そろそろ楽を迎える役者さんがいる中公演自体も明日で終わり。そうなると自然にノリがよくなったりするものです。

山口さんの売りは淡白だけども皇帝然とした風格・オーラと類を見ない歌唱力です。そのせいで物足りないと感じる方もいらっしゃるでしょうが、安定力と歌唱そのものに魅せられる方も多いと言えます。

その山口さんが、かなり表情豊かにダンスもノリノリで演じていたんですよね。これはねー、ちょっとずるいと思った。なんていうんだろう、あの山口さんがエモーショナルに演技や仕草をつけ始めちゃったらもうスキがなさすぎるっていうかね(笑)今までは「横綱」とか「動き鈍い」とか「変な演出が必ずいっこある」とかいろいろ笑いに出来たんだけどそういうこと言えなくなっちゃうんだよね!(そもそも笑いにするほうが間違っているという意見は無しの方向で:笑)

なので今日の山口トートは非常に人間っぽいというか……もちろん武田トートに比べたらあっさり風味もいいところなんですけど、今までの山口トートを知っている人間にとってみればわりと衝撃的なことだったりします。

何よりびっくりしたのが、最後の「愛のテーマ」でエリザベートを黄泉の国へ導こうと手を差し出して待っている時。ここが劇中でもっとも柔らかい表情を見せる場面ではあるのですが、それでも薄く笑う程度だったんです。今日はね、歯を見せてニッコリ笑ってましたよ!!

それただのかわいいおっちゃんですからーーーーーー!!

いやー、あれは驚いた!もちろん今までそういう風にしたこともあるとは思うんですけど、初めて見た上にそんなこと絶対にないだろうと思っていた私はタオルハンカチ噛みしめて見入ってしまいましたよ!ええもん見してもろたーーーー!

マジで、山口トートがあんな嬉しそうにエリザベートを迎えるなんて……!!山口トート的演出とは外れるかもしれないけど、異様に興奮しました、ええ。

そして今季最初で最後の浦井ルドルフ。あー、もー、この子はなんて可愛いんだろう!!もう25かな?なのに少年を思わせるふくよかな頬でね。その浦井ルドルフが怒りと使命に燃えてガンガン踊り歌うわけですよ。

カワイイ以外の何物でもない……!!

やっぱりダブルキャストのどちらが演じるかで周りにも影響は多々あり、浦井君がルドルフをやると非常にダンサブルで熱い舞台になりますよね。あのトート閣下もかなり激しく踊ってらっしゃいました。横綱ダンスですがね。って冗談は置いておき、そうしないとバランス取れないし食われちゃうんですよ、ルドルフに。それくらい浦井君のダンスはダイナミックで美しい。

パクたんは身体が硬いし素養もそこまでないのか、踊りはほとんどないんです。ですが、日本人にはない清冽なノーブルさを持っています。苦悩と失意の王子として、頭を抱えうずくまっているのが様になる、そんなルドルフです。

浦井君は若さと怒りの皇太子。非常に漫画的、しかも少女マンガ的な美しさを持った王子様です。パクたんが文字通り「皇太子」なら、浦井君はむしろ「王子様」です、本当に。彼は唇をぎゅっと噛みしめ俯き、拳をふるふる震わせるのが似合います。

ですが浦井君もすごく細かい演技を付けるようになっていて、母親視点でその成長を喜んでしまいました。ピストル自殺に至る「マイヤーリンク」で浦井君が見せたのは種種雑多な表情で、そのベースにあるのは「狂気」でした。ニヤリと笑ったかと思うと怯えたり、あがいたり、翻弄されてみたり。最後、間など置かずあっさりピストルで頭を打ち抜く様はまっすぐすぎるがために生き急ぎ、トートに呑み込まれた浦井ルドルフならではだと思いました。

そういえば面白かったのが「エーヤンルドルフ」のシーン。革命を起こしてルドルフをハンガリー国王に!という流れですが、浦井君がたまに「あれ?」とか「俺なにやってんだ?」とか「ちょ、ちょっと待って……」というような表情を見せることがあります。そして、そういう表情をした直後には必ずトートのハンドパワー(笑)がルドルフに及んでいるのです。そして及ぶたびにダンスは激しくなります。

戸惑いつつもどんどんトートの策略によって勢いを増してしまう―――増さざるを得ないルドルフの運命の加速度がよくわかるシーンになっていました。

というわけで、トートの次に目を奪われたのはルドルフでした。

ちなみに一路さんは相変わらずすごすぎるのでコメントする余地がありません。本当に素晴らしい女優さんだ!もちろん好き嫌いがあるとは思うけど、きっと彼女のエリザベートは歴史に残る、そして伝説になるエリザベートだと思います。公演後はうっちーとお幸せにね!

ちなみに、カーテンコールは6回くらいありました。山口さんも一路さんもニッコニコで非常に心温まるカーテンコール。前楽で満場スタオベということもあったんでしょうね。トート衣装でにこやかに手を振る山口さんは非常に印象的で、営業スマイルを飛び越えた微笑を見せる一路さんは本当に綺麗でした。

そして思いもよらなかったラッキーが。
日生劇場を出てすぐ横のカフェにてテラス席でご飯食べてたんですけどね。どうやら出待ちスポットと重なるらしく、車で帰る山口さんを見かけることが出来ました。もう、すんごい人でしたけどね!にこやかに手を振ってましたが、ちょうど信号待ちになりましてファンの皆さんにとってはいいお土産になったんじゃないでしょうか。山口さんも車発進させる時にはありえないほどの高速お手振りで去っていき、皆さん大喜びしておりました。そういうファンサービスも彼はきっちりしております。ミュージカルスタートしては珍しいタイプですね。

んでも出待ちの皆様、車道に出るのだけはやめましょうね?(笑)

そんなエリザ、今日ははちさんと一緒に見ていました。日記のほうに感想上がるかしら?なんにせよ、ぜひもう一回見てもらいたいし、無理なこととはいえ内野トートも観てもらいたかった。「カーテンコール」の乾トートは山口さんとうっちーの融合業だからね~~~(笑)

エリザ以外の話もいろいろできたし、舞台もその前後も非常に楽しかったです。はちさんを見送りに行った池袋で薄くて高い本も買えたしな!(笑)しかも全部当たりだったしな………!

そんなわけで今晩も素敵な眠りにつけそうです。明日の千秋楽レポ、各地で見なきゃ。イヒ!

***お返事***
nekomeさん:メッセージありがとうございました!もう痛みはほとんど治まってきました。あとは口の開きずらさを解消できればほぼよいのですが、どうやら筋肉がかなり引きつっているらしくしばらくほぐし続けないとダメなようです。ですが最も辛い時期は過ぎましたので、焦らずかつ確実に治して行こうと思っています。
邑姫さん:メッセありがとうございました!本当にのた打ち回りますよね……!!どうやら私もコリが原因のようでして、腕全体と肩、そして首と頭を丁寧にマッサージしてもらってかなり軽減しました。ただもともとの病巣…といいますか、関節周り自体はまだまだですので根気よく治療していくつもりです。
まちゃさん:メッセージありがとうございました!もともと「軽症です」とは言われていましたが、それでもこの痛さってどうなのよ!?という感じでした。きっとマウスピースなんかは整形外科にかかると施される処置なのかもしれませんね。整形も一回はかかっておこうと思っています。マウスピースぐらいなら耐えられるからそれで治るならドンと来い!って感じです(笑)
スポンサーサイト



-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。