*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


せっかくのレミゼ観劇日記……すっごいノリノリで書いてたのに全部消えちゃった……(涙)


もういいよ、ピンポイントではしょって書くよ…。


山口さん(バルジャン):久々の美声は素敵でした。コアなレミゼファンからは嫌われていることも多いらしいですが、私は嫌いじゃありません。以前に比べて心に響く感じがしたのはオペラグラスでずっと表情を追っていたせいか、山口さんが深みを出してきたせいか…。答えは出ませんが、今日も堪能させていただきました。


阿部さん(ジャベール):まるで時代劇の悪役のような風貌と声でびっくりですが、山口さんとのバランスはすごくよかったと思います。体格的にも年齢的にも、とてもつりあいの取れていた二人じゃないでしょうか。ただ、ジャベールに清廉潔白な美しさや格好良さを求める人にはちょっときついのかもしれません。私は違うけどね!(笑)


駒田さん(テナルディエ):山口さんとのからみはなんだかおかしくて大変でした。だって、この人クコールだから!!(爆笑)んでも芸達者ぶりはさすがでした。安心してみていられるキャスト。今度はヴァンパイアで会いたいな!


瀬戸内さん(テナルディエ夫人):細い夫人だよ!(笑)ですが、森さんのようなふくよかさから来るふてぶてしさとはまた違ったギスギス感も見られ、やっぱり別キャストで見るとそれだけ楽しみも増えるよね~~と実感いたしました。


コゼット・ファンティーヌ・エポニーヌ:コゼットはすごくちっちゃくて、声もかわいくてまるで小鳥さんでした!!あんな子ならそりゃバルジャンじゃなくても籠の鳥にしてしまうよ!(笑)ファンティーヌは、なんとなくなんだけど歌のキーがあってないような気がしました。ファルセットがすごく綺麗だったので、ちょっと残念かな。あ、でももちろんお上手なので気にならない人のほうが多いと思います!エポニーヌは個人的に応援している玲奈たん(笹本玲奈さん)でした。また上手になってたなぁ~~!やっぱりベガーズも観に行こうかしら……むむむ。


岸くん(アンジョルラス):最高……!ほんっと最高!大好きだ、この人の声も姿もアンジョルラスも!もっとたくさん色々な作品の色々な役で見たいなぁ!つか私が見逃してるだけなんだろうけどさ!本日はガブローシュとアンジョルラスの死に際に本当に泣かされました。あー、もっかい観たいかも、岸アンジョ…(うっとり)


コニタン(マリウス):あああああ!あのコニタンが帝劇でソロ歌ってスポットライト浴びてるだけでちびりそうなほどの感動でしたよ!イヒヒヒーーー!つーか、やっぱカッコイイな、この子!色男だな!ステージ上で一番の二枚目だったな!そして始まる前は不安だった歌唱など、ずいぶん改善された印象がありました。厳しいレミゼファンにはどう映っているのか…正直ちょっと怖いので触れないようにはしますが、でも私はちゃんとできていたと思う。これから他の作品、他の役で充分やっていけるほどのものを見せてくれていると思う。そしてこれからもっと上手になる余地があると思うので、応援していきたいものです。頑張れコニタン!


キャストに関してはこれくらいかしら。もう、とにかくマリウスとアンジョに尽きる。すごい好きな絵面だった……(笑)あまり大きな声では言えませんが、もしかすると山口バルジャンじゃない日はまだチケットがあるかもしれません。岸アンジョは本気でお勧めだし、コニタンはミュファンなら(もちろんそうでなくとも)感慨もひとしおのはずです。


8月まで帝劇で上演中ですので、足を運べそうな方は是非どうぞ!


レミゼのお話自体は…実は前見たときは全然ぴんと来なかったんですよね。ですが、今日はずいぶん考えさせられました。やっぱりバルジャンとジャベールの人となりや人生というところに集約されるのですが…まだちょっと答えは出ていません。ですが、場合によってはバルジャンの生き方を「欺瞞」や「偽善」と取る人もいるのではないか、と思うこともあります。


私自身が生身の人間を「聖者」と言ってしまうことに抵抗を感じるタイプだからこのようなひねたことを考えるのかもしれません。ですが、そのバルジャンの持っていた「世界」とは…結局、見えたことや考えさせられたことは多くても理解の度合いは二年半前とそう変わりはないのかもしれません。


ある人は「なんでジャベールがあそこで死んでしまうのかがわからない」とも言います。そうですね、わからないです。自殺するようなことなのだろうか?という疑問もよく聞かれます。あれが彼なりの美学なんだろうか…とも思いますが、やはりこれもしばらく考えたいことです。


ユーゴーの原作を読むのにはちょっといろいろ勇気が必要となるのでこれもまたしばらく考えたい感じなわけですが(笑)、以前ちょっと苦手かもしれないと思っていたレミゼの世界が今日観に行ったことで思った以上に近く感じられました。


もしかすると肩入れしているキャストさんが多く出ていたということもあるかもしれませんね。様々な意味で、本当に観に行ってよかったと思っています。


さ、次の観劇はミュだ!
バーニング!

スポンサーサイト



-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。