*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


えー、いろいろやりつつネトゲも楽しんでる今日この頃です。


そのネトゲなんですが、プレイ歴は浅いなりに数はそこそここなしています。そうなってくるとわりと面白い法則といいますか、決まって起こることがあるんです。


それは、乾海にちなんだ名前のキャラクターでないと育てられない、ということです!


なんかね、育成欲とか愛着が全然違うんですよ。以前、ヴィンセントにちなんだりうちにいるお人形の名前を使ったりもしたんですけど・・・結局長続きするのは乾海関係でした。


で、いまやっているのは先日ちょっと書いた「完美世界」です。なかなかやりこんでまして、このまま行くと本気でいいところまで行っちゃうんじゃないかって気もします。その完美において、今度は新しい傾向を発見しましてひとりで大笑い中。


今私がメイン・サブ含めて力を入れて育てているのは3人いるんですが、全員もちろん乾海がらみです。その彼ら、ボスキャラとの戦闘を行う時に明らかに異なる動きを見せるんです。いや、彼らが、というより周囲が。


私はギルドも持ってるのですが、ネトゲ内で友人を作らない主義なので少人数編成です。その少人数の中でレベルがばっちり合ったりプレイ時間や消化クエストが重なったりすることは本当にまれです。なので強いボスモンスターでもある程度キャラクターをがんばって育てて、ソロ(ひとり)で挑むのが常です。


大きいギルドのメンバーやお友達が多い皆さんは苦労しないのでしょうけど、ソロメインなのでボス前はとにかく緊張します(笑)


ですが、このボス戦闘・・・三人三様で非常に面白いのですよ!(これからの説明で使っているキャラクター名は実際のプレイキャラとは違う名前です)


1 てんぱい(蒼い狼のケモノ型キャラ。モフい。斧使い。いちばん成長してる)
ボス戦闘の時、誰も助けてくれない。むしろ周りに誰かほかのプレイヤーがいた試しがない。パーティー組んでボス戦するときはいつもギルドメンバー。超ロンリーウルフ。


2 貞治(人間で魔導師。攻撃力はハンパないけど雑魚に攻撃3発食らっただけでチネる柔らかさ)
見知らぬ方に助けてもらうことがあるが、揃っておかしな人ばかり。

例その1) かなり強いモンスター(しかも苦手なタイプ)を前に逡巡してたら明らかに高レベル(レベル30代モンスターに対してそのプレーヤーは90代)の方がいきなりそのボスを叩き始める。はぁ!?と思ったらその人からパーティーを招待される。とりあえず手伝ってくれるようだと思い参入するも、当のボスモンスはすでにHP残りわずか。無事倒せたわけだが、これではまるで利用したようじゃないか!ということで以下の会話とあいなります。あ、彼の方はトラ型のプレーヤーさんでした。


わし「ヘンなタイミングでPT参入してすみませんでした、でも助かりました」
トラ「・・・・・・I am American]
(ここから英語に)
わし「あ、そうなんだ・・・とにかくありがとう、助かった」
トラ「お茶の子さいさいさ!」
わし「ところでなんのクエストやってらっしゃるんですか?(明らかに場違いだろ・・・)」
トラ「いや、自分のクエじゃないんだ」
わし「(続きを待つ)」
トラ「・・・みんなを助けて回ってるのさ!b(- v・)<バチコーン☆」
わし「はは…そなんだ…」
(そして何の前触れもなく突如申請されるお友達になってちょーだいコール)
わし「あ、いや、その、お友達申請はちょっと・・・」
トラ「あっはっは、いいんだよ、気にするな!」
わし「そんじゃ、自分ダンジョン潜るんでPT離れていいっスか?」
(何の前触れもなくPTから追放される)
トラ「じゃ、頑張ってねー!」
わし「あなたも」
トラ「困ったら、いつでも助けに行くぜ!b(- v・)<バチコーン☆」
わし「あ、うん・・・ありがと。ぐっどらっく・・・・・・」
トラ「オマエモナーー!!」


・・・・・・・・・助けてもらっておいてなんだけど・・・・・・

アレだな・・・・・・(爆笑)


例その2) 序盤の超強敵をギルメンと狙おうとしたその時、いきなりPT参加希望が!精霊さん(回復など素敵魔法が使える)なので素直に参加要請を。その時、「いきなり乱入!」のセリフとともに空から飛び降りる浴衣姿の精霊さん。よろしくお願いしますの挨拶もそこそこにボス戦へ。そして終わった瞬間に「またな!」の声とともにPT離脱していく浴衣姿のいなせな精霊さん(男・高レベル)。


後でお名前を確認させていただいたところ、わりと有名なネタギルドのギルドマスターさんでした(笑)



例その3) 倒せることはわかっているけれど何度も相手しなくてはいけないボスと戯れている時に、「お手伝いしましょうか?」の声が。ちょっと返答できる状況じゃなかったので倒すまで放置、その後その方のところに行くと貞治と全く同じ魔導師の男性でした。以下、その会話。


わし「すみません、お返事できなくて」
魔「いやいや、いいですよー」
わし「よろしかったらお手伝いしますけど、どうですか?」
魔「ぜひ!」
わし「もしそちらにいつも使ってる戦法があるなら合わせますよ!」
魔「えっと・・・・・・肉弾戦?」
(モニタ前で大爆笑)


雑魚モンス相手でも3発でチヌ魔導師が肉弾戦って!!(思い出し笑い)でも実は貞治もその気があるので大変楽しくボス戦手伝わせていただきました!



3 薫(ナックル使いの女の子。もちろん可愛いあの子に見た目を似せている)

とにかくボス戦を手伝ってもらわなかったことがないほど、毎回どなたかが助けてくれる。必ず精霊さんがいらっしゃるし、つかず離れずのいい人たち。ていうかやっぱり女子キャラってちょっと得かも~なんて思ってしまうくらいの厚遇。



・・・・・・というわけで、てんぱいの不憫さと貞治のおかしさと薫の可愛さが際立つボス戦グラフィティでした。


つか興味ない皆様、、ほんとにごめんなさい・・・・・・orz


スポンサーサイト


この記事へコメントする















-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。